この春、彼女と一緒に卒業しました 〜ヤンキー系JK編〜 [hentai エロ漫画]

違法な海賊版サイトでエロ漫画を読むことは禁止されています。視聴履歴が開示されて警察に摘発されるリスクがあるので、エロ漫画は購入して読むことをオススメします。
読者の評価
[Total: 0 Average: 0]

エロ漫画「この春、彼女と一緒に卒業しました 〜ヤンキー系JK編〜」

エロ漫画:この春、彼女と一緒に卒業しました 〜ヤンキー系JK編〜

この春、彼女と一緒に卒業しました 〜ヤンキー系JK編〜
強気な眼差しで見つめるあのコは、恥ずかしげに頬を染めていた─。ちょっぴりコワめな不良娘達がいつもは見せない顔と声で感じちゃうJKアンソロジー! 反抗的な態度とは裏腹に絶頂させられてしまう調教堕ちから、童貞男子にイケない誘惑をする内緒の校内セックスまで、普段とのギャップが一層身体をたかぶらせる淫乱群青エロスがそろった珠玉の作品集です! 表紙は春色淫乳作家・ドウモウが描く、セーラー服をたくし上げムッチリ柔肌を見せてくれる金髪ギャルが目印です☆ 『おやびん ヒプノティズム』ぬんぬ 校内の不良を束ねる女ボスのおやびんは、最近学校で催●術が流行っていると小耳に挟む。そんな中、舎弟から誘われたのは『淫乱催●で4P』という内容の不思議な催●アプリだった。一度は難色を示す彼女だったが、しつこい舎弟に根負けしてアプリを試してみることに。すると、スマホの画面を見て数秒で即絶頂! 意識が飛ぶくらい身体が疼いて効果はてき面! そんなこんなでおやびん×舎弟達とのイカせっぱ4Pが始まるのだった…。人気急上昇中作家・ぬんぬが放つ、喧嘩上等ガチンコ4P! 『ヤンキー姉さんとガキンチョ』そら豆さん 狂犬として恐れられている美人女ヤンキーの睦月は、今宵も毎度言い寄ってくる街のボスを返り討ちにしてしまう。だが、今夜の彼はひと味違い、睦月の元へとある刺客を送り出すのだった。その正体は街のボスの弟でコドモ離れした体格を持つ鋼太郎。しかし、女を知らない鋼太郎が睦月に触れたその瞬間、彼の息子が大きくなってしまい…。マッチョ姦ラブ・そら豆さんが放つ、変則おねショタガチFUCK! 『ガンツとみかん』平いっすい 不良である若山蜜柑の前にサイボーグ教師が現れる!! 風紀を乱す蜜柑を更正させる為の男がとった手段…それは「愛の教育的指導」という名の淫行!? 生意気少女がネットリプレイで快楽堕ち! 『コワモテガール』鉄山かや 鋭い目つきで怖いと有名な灰川さんと準備室の片付けを頼まれてしまった主人公。「早く終わらせて帰ろう…」そんな思いとは裏腹にラッキースケベが発動! 転んだ拍子に灰川さんの乳を鷲掴みしてしまい彼女の意外な一面を知ることに…。 『いけない女子トイレセックス 〜不良のあの娘に強●中出しプレイ〜』夜歌 朝の学校。女子トイレの個室には、なぜか男子生徒の鈴木くんがいて、用を足さずナニをシコっている。壁に顔をすり寄せいているところを見ると、どうやら隣の個室で女子が放尿しているところを、覗き穴から覗いているようだ。そして朝の一発はこうありたいとばかりに射精すると、鈴木くんは「ふ〜〜」と緊張とともに息を吐き、このあやうい状況での自慰ゲームを満足げに終えようとしていた。すると、ガチャリとドアノブが回る音、もちろん鈴木くんの個室である。ドアはちゃんと施錠したはずなのに、と思うのも束の間、ドアは開き、彼は自分の学校生活は終わったと、あきらめを持って目の前の女生徒を見やる。果たしてそこには、不良だが美人で名高い長谷川さんが煙草片手に立っていた。ニヤリと笑う長谷川さんに、鈴木くんは不安そうに「み…みんなにバラすのか…?」と問う。すると、もうすでに喫煙している彼女は、自分の得にならないことには興味ないとばかりに否定すると、この状況でも屹立している彼のペニスに煙草の煙を吹きかけて、やがてその張りのある亀頭部分を口で咥えこむのだった。 表紙・ドウモウ

WEB SERVICE BY FANZA

本作はhitomi.laやraw mangaで無料で読める?▶エロ漫画 9割引クーポン発行中

 

本作はhitomi.laやmanga rawでは配信されていません。海外の無料サイトで本作を読むと、以下のようなリスクがございます。

  • ウィルス混入の可能性
  • 作者に何も還元されない

特に無料サイトで読んでしまうと権利者に何も還元されないため、作者の方が非常に不利益を被ります。

FANZA公式サイトで電子書籍を購入して読むことを強くおすすめします。

只今、FANZAでは商業エロ漫画が9割引になるクーポンを発行しているので、大変オトクに読むことができます。

→ エロ漫画 9割引クーポンはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする